Materials

ここでは、地域医療学、Practice based research、Health policy researchなどこのサイトに関連する資料を記載しています。

月刊JIM連載記事企画

Inoue Methods論文テンプレート
FitzNOTEで作成した、論文作成の雛形です。サイト内にある旧バージョンから変更しています。英文、和文両方あります。無論Structured DiscussionやStepped Introductionになっています。なお、FitzNOTEはhttp://hp.vector.co.jp/authors/VA009019/ よりダウンロードできます。
Inoue Methods Template.zip
圧縮Zipフォーマット 5.2 KB

IM Mentor略歴ファイル

IM Mentor略歴(講演用)
講演依頼が良くきますので、ここにパスワード付でアップしておきます。見たい方はメールその他にて連絡ください。
井上和男略歴20130111secured.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 252.4 KB

Primary Care

へき地医療

無医地区等調査(厚生労働省)

特定非営利活動法人Japan Heart

地域医療支援事業からのPick Up、素晴らしいです!

 

「看護師をはじめとする医療従事者が都会で大量に離職しています。日本の医療の根本的な歪みがでているのかもしれません。離職する人たちの医療人生の中で、たった6ヶ月でも1年でもいい。自ら進んで僻地・離島に行くという、キャリアのオプションを持つことができれば、僻地離島にある病院は大いに利益を受けるに違いありません。

実はこのオプションは、都市部から僻地離島に向かう医療者が一方的に利益を与える事を意味しているわけではありません。日本の僻地には、しっかりと土地に根ざした地域医療を行っている病院や診療所が多く、そこで研修を行ったスタッフたちの多くは、濃厚な人的つながりに基礎を置く地域医療を経験でき、医療者人生という長いキャリアの中で大いに意義のある時間だったと語ってくれます。限られた環境の中で行わなければならない医療というのは、海外であれ国内であれ、医療者には総合的な能力が必要とされます。その能力を備えた医療者もやはり僻地・離島には多いのです。

一歩進んで、足を踏み入れる。

そこに行けば、本当の地域医療を経験できる場所も多いのです。
医師にとっても、看護師にとっても、決して無駄な時間にはなりません。」