*Inoue Methods Mentorの業績・講義

よく聞かれるので、以下の業績および講義内容を見てください。

手前味噌ですが、基礎医学以外の分野で広く取り組んでいます。講義では、地域医療でのオリジナルな内容でかつ医学部独自のものを目指しています。後者に関して言うと、外部講師を呼ぶにしてもアカデミックな内容を指向しています。

Inoue Methods Mentorのホームページへようこそ

地域医療の2つの「学」(学習と学究)そして「楽」をメインテーマに、「伝えるべき」メッセージを発信します。

*なおこのサイトは、スマートフォン、iPadでも問題なく閲覧できます。

また、メインテーマは「地域医療の2つの学と楽」ですが、時々サイトに関連するテーマを出します。

*1 帝京大学医学部地域医療学の有料研究生として学ぶことができます。リンクはその採用規則です。

*2 自慢じゃないですがIM Mentorの講義は楽しいです。

*3 公衆衛生研究科修士学生の論文に引続いて、Diabetology & Metabolic Syndromeに掲載となりました。

*4 人間誰しも、自分がしてないことは教えられません。PubMedで英文業績を調べるだけで十分です。「大学院での学び」も参考にしてください。IM Mentorの「仰ぎ見る師」のような指導者に巡り合ってください。

*5 すみません、そのうち作ります。

これまでに出したテーマ(抜粋)

Inoue Methodsとは

IM Seminor@PC連合学会
IM Seminor@PC連合学会

IM Mentorが自分の考え、経験を述べたものです。狭義、広義、超広義の集合体からなっています。

 

狭義Inoue Method:研究や論文作成に直接かかわるもの

 例:基本4点セット、Paper writing wheel

広義Inoue Method:上記に間接的に関わる、基盤となるもの

 例:知的好奇心の宇宙背景放射

超広義Inoue Method:「人生は味わいを深める旅である」に関するもの

 

広義・超広義Inoue Methodの根底に流れるのは、

「人生は楽しむためにある」、「Disclosure is Panacea.(情報開示は万能薬である)」、「人に教えられるのは実際にしてきたことだけである」などです。

Inoue Methodsオフラインセミナー

新しくページを作りました。Inoue Methodsオフラインセミナー

実際のセミナーの様子(PC連合学会秋季セミナー20121111@大阪)です。

辛口一言@「お公家様」臨床研究をいくら学んでも現場で研究ができない!

それに、定式化できるものだけが研究じゃないしなあ。

 

過去のヒトコト

サイドメニュー「ページ更新」は必ずチェックください! 

それから、コンテンツが膨大になったので、新しい項目を作るというよりは少しずつ更新してます。都度、必要なところをサイトマップかサイト内検索でチェックください。

最近このサイトを知った方へ

研究(Practice based research, Health policy research)に興味があって入られる方は、まずこの順序で見てください。

1.若き研究者S君への手紙

2.ジェネラリスト対談シリーズ地域イノベーター型医療の時代」第一弾

3.Practice Based Research-日々の現場から情報発信を

4.「臨床研究と論文作成」

 

そして論文作成には、以下を見てください。

1.Inoue MethodsInoue Methods

 

サイドメニューの「ここが知りたい!」も参考にしてください。